素肌美人になれたらいいな。

肌が年相応で、服を若作りしている人ってたまにいるけど・・・・なんかやりすぎだよね。というか痛々しい。あれにはなりたいくないね。

以前いたんですよ。ママ友で明らかに私より5歳以上年上なのに・・・・メチャギャルファッション。しかも肌をお手入れしているならいいけど・・・ガサガサな肌なのに、もう若作りとしか言えなかった。
足も細いわけじゃないのにミニスカート履いているしね。

あれで旦那は何も言わないのか?と思っていたらどうやら旦那が薦めてくるみたい。まぁそういった夫婦もいいのかな?と思う事にしました。

でもあれを見てやはり肌は綺麗な方がいいなと思うようになりました。若作りなレディース服を着るには、若い肌じゃないとミスマッチですからね。

今はいろんなサンプルを試して自分の肌に合う敏感肌化粧品を物色中です。実際の所、小さなサンプルだけだと効果を実感する前になくなるんだよね。
もう少し量がはいっているサンプルが欲しいナ。

ブライダルエステで素敵な結婚式にしよう

結婚式の準備はとても忙しいですが、ブライダルエステを式場から勧められる事があると思います。わたしは個人のエステサロンでしてもらいました。

結婚式自体にとてもお金がかかるので正直するか悩みましたが、旦那さんが一回きりの事やからって言ってくれました。できちゃった婚で式は出産が終わって、育児が落ち着いてからにしました。

子供が小さくて忙しい時期は、自分の事はほぼほったらかしだったので、エステにいくというだけで気持ちは高まるし、ほんとにやってよかったと思います。エルセーヌの光フェイシャルにお試しでまずは行ってから始めたと思うのですが、すごく良かったです。

フェイス、ボディ、背中は念入りにケア、ドレスによっては広く開いているものも多いので大切です!式前には背中脱毛もしてもらいました。準備や家の事で忙しい中のリラックスする時間にもなりましたね。
今スマ婚も流行っていて、若い人や、子供がいる人、あまり費用をかけられない人も上手に式の計画を立てて、少し自分のご褒美にブライダルエステをするのもいいかもしれませんね。綺麗になって結婚式、いい思い出になると思います。

優しい失恋

もう10年くらい前の話ですが、すごく好きな人がいました。

大学を卒業してすぐに入社した会社の先輩でした。とても面倒見が良くて、社会に出たてのフラフラした私をフォローしてくれる頼りになる人でした。最初は好きとかいう感情はなかったのですが、ある日の飲み会で、先輩の事が好きだと自覚してしまったのです。

でも、私よりも6歳も年上の人。彼女がいてもおかしくありません。でも好きだという気持ちはどんどん膨らんでいって、顔を見るだけで涙が出てくるようになってしまいました。

同期で入った友達には先輩が好きなのだということは伝えていましたが、会社の誰にも知られるわけにはいきません。そこで思い切って手紙を書いて、先輩の机の引き出しにそっと入れました。とても好きなのだということ、できれば付き合ってほしい、他にも思い出せないくらいの気持ちを手紙3枚に詰め込みました。

手紙を入れたその日は、後悔と期待でいっぱいでした。

手紙なんて入れなきゃよかった、いえひょっとしたら先輩も私を好きになってくれるかもしれない。朝まで気持ちが揺れ動いて眠れませんでした。

ドキドキしながら出社すると、先輩は早くに出社していて、私の机の引き出しに返事を入れてくれていました。とても丁寧に、婚約者がいること、その人と結婚するために近く会社を退社することが書かれてありました。そして、最後に好きになってくれてありがとう、と締めくくられていました。とても優しい失恋でした。

あれから今の夫とお見合いして結婚しましたが、今でもあの恋以上の恋はしたことはありません。

参照サイト 失恋から立ち直るには?辛い失恋を忘れる方法と乗り越えるために知っておくべき事実。

我が家の青汁格闘劇

ちびの朝食昼食に野菜が足りないなーと思うとき、リンゴジュースに青汁を混ぜて出していたんですけど、最近上の子が嫌がり出しました。しつこく出しすぎたかな…何とかの一つ覚えでこんなんばっかですんで、結構色々飽きられます。

で、ちょっと前に大流行したグリーンスムージーにチャレンジしてみようと思ったんですが、生の果物と野菜の旨み…というか甘みだけで美味しくいただこうという趣旨のヤツですよね、あれって。人に必要な生きた酵素を体の隅々に行き届けるためには、温度や酵素の吸収を阻害しない食材との組み合わせに注意が必要で、砂糖もNGなんだそうですよね。

美を意識した女性が健康維持や体型維持のために続けるならばそういう細かいこだわりってすごく大事だと思うんです。けど、子どもの食生活の足りない野菜を補うために手軽に作るジュースだし、かなユルい感じでも全然オッケーじゃーん!!という軽い気持ちでいくことにしました。どちらかというとグリーンスムージーていうよりはフツウのミックスジュース感の方が大きいんですけれども。

うちは朝はパン食にしてます。頭のいい子を育てるにはご飯食がいいとかも言いますよね。けど、生まれたときから好き嫌いが多いというよりは食の細い我が子に、朝くらいは甘いものや食べたいものを好きに食べさせてやって楽しい1日のスタートにしてやりたいな~という思いもありつつ、今のところパン食なんです。和食なら味噌汁の具を工夫すればおかずはあまり気にしなくてもいいんですが、パンだとなんしかビミョーなんですよね…。

それこそ野菜スープとかを作ればいいんですけど、それだとおかず感がありすぎて趣旨が変わってくるし、ポタージュ好きな子ならいいんですがうちの子はあまり好みではないらしく、どんなポタージュもあまり飲みたがりません。

そんな面倒くさい…基、愛しい我が子のために作るミックスジュースはこれまた結構適当ですが、バナナと牛乳とヨーグルトとリンゴジュースと小松菜と人参が基本なのでなかなか飲みやすいです。グリーンスムージーへの未練が捨てきれず、できれば生でとは思いますが、酵素重視ではないので、小松菜や人参は冷凍もしちゃいます。ていうか牛乳とかジュース入れてる時点でグリーンスムージーって言ったら怒られそうですね。

小松菜や人参がない時は青汁を入れて混ぜてしまいます。

緑のドロッとした飲み物はなんでもグリーンスムージーだという無理矢理感が何となく気に入ってるんですが。そこそこ美味しいんですが、何が問題かっていうと、最初こそ飲んだものの、上の子が飽きてきてるということ…まあ、その代わり下の子が面白いくらい良く飲むので、まだまだしつこく出すつもりですけどね。

お昼にテレビのCMを見ていると、ちょっと年配者向けの健康食品のCMをよく見ますが、その中でも気になっていたのが『青汁』のCMです。
私は最近でこそ、食生活に気を付けるようになりましたが、

それでもやっぱり野菜不足だと感じる事が多いです。
そんな私に青汁はピッタリの飲み物なのですが、どうもあのお昼のCMを見ていると30代の私には、ちょっとまだ早い飲み物のような気もしていました・・・が!!この間飲んだと言うか食べた青汁は、新感覚の青汁でジェルタイプの『美感青汁』というもので、健康のイメージが強い青汁にはめずらしい、美容にいい青汁!!

その美容にいいというのも、20代の本当に若い人ではなく、30~40代に好まれるアンチエイジング(若返り)効果の盛り込まれている健康食品になっています!!

私も、今年40才になるのでこの新感覚ジェルタイプ青汁の『美感青汁』は、まさにストライクゾーンでした(笑い)。青汁って色々な種類があるんですね。色々青汁比較してみると本当に面白いです。
この青汁なら、味もフルーツの味でおいしいので食べてみたいと思いました。

旦那が欲しがっている加圧シャツ

旦那が加圧シャツが欲しいと言い出しました。それまで加圧シャツというものを知らなかった私は、なにそれといった感じでした。旦那の話によると、加圧シャツは姿勢をシャキッと矯正してくれる加圧シャツ 効果があるのだそうです。さらには、着ているだけで体に圧力をかける効果もあるので、腕やお腹まわり、背中などを引き締める効果も期待できるそうです。

確かに40代に入ってからの旦那の体型は、中年太りのぽっこりお腹状態になってしまいました。本人も気にして、ウォーキングや筋トレなどやってみたりしたようですが、どうしても続きません。

筋力トレーニング

元々運動が苦手な上に仕事で忙しいので、続けるのが難しいようです。そんな時ネットの通販サイトで、加圧シャツを見つけたのだそうです。

伸縮性があり、着ているだけで無理なく体に圧がかかるので、時間や手間をかけずに引き締め効果が期待できるのが気に入ったようです。薄いので、下着替わりにできるのもいいなと思ったとのことでした。

体が引き締まるかどうかは着てみなければわかりませんが、姿勢が正しくなるのはいいことなので、購入してみることにしました。

エイジングブラシ

この梅雨の時期ってとにかく髪が湿気を含んで膨張しちゃったり、うねってきちゃったりと、髪の毛をきれいに保つのが難しくなってしまう時期ですよねぇ~…。
スペシャルケアとしてシャンプー前に人間の皮脂と似ているホホバオイルを頭皮や髪に塗布してマッサージして頭皮も髪にもうるおいを与えるようにしていますが、結構面倒くさいので月に一度するかしないかです…(-ω-`*)

なので極力タオルドライした後に椿油だけはつけているんですけど、梅雨時期は何をしても微妙な髪型になっちゃって凹んでしまいます(´Д`|||)
最近、ポーラから新しく30代以上の女性の頭皮のために毛髪診断士の知識と技術を生かして監修した、『頭皮をエイジングケアする』ヘアブラシが販売される予定なんだそうですよ。

なんでも毛穴に届く376個の先丸ピンで、指では落とせない毛穴の汚れも落とし、頭皮をすみずみまでマッサージするというものなんですけど、お値段が7,770円と結構お高めなんですねぇ~…。ちょっと貧乏人には手が出ないです(笑)
だけど頭皮をケアするのって、髪の毛だけじゃなくて自律神経とか更には健康全体に良さそうだからなぁ。。。できれば欲しいのですけどね・・

湯たんぽ

昨年の冬は節電が大々的に言われましたが、今年は余り言いませんね。でもやっぱり世間では節電やエコが流行っていますね。

家計や環境のためにもやっぱり節電やエコは続けていくべきですよね。寒い冬はやっぱり暖房やストーブなどの器具に頼ってしまいます。

でもどれだけお部屋を暖めても寝入るときのお布団ってひんやりして冷たいです。そろそろ毎日お布団に入る瞬間が苦痛に感じる時期になってきました。

子どもの頃は毎晩母親が寝る前までに、湯たんぽでお布団の中を暖めてくれてたっけ、とふと思い出しました。そういえば、エコブームになってから湯たんぽは良さが見直されています。

昔ながらのものは火傷の危険がありますが、その当たりが改良されて今は良いものが売っています。今年は湯たんぽを買ってみようかなと思っています。

一番いいのは、夜更かしをせずお風呂上りに湯冷めする前にお布団に入るのがいいのですよね。

その方が夜遅くにテレビなんかをみて無駄な電力を使わないし、夜食なんかを食べてしまって体重が増えてしまったり、睡眠不足でお肌が荒れてしまったり、デメリットばっかりです。
特にお肌は、どんな高級化粧品や敏感肌化粧品を使うことよりも睡眠が美肌に大切なんです。

自然なことが一番エコなんですよね。

下の子の習い事ってどうしてる?

子どもの習い事って親の頭を悩ますひとつの種ですよね。我が家も長女が英会話を習うかどうかで家族会議になりました。
結局習いませんでした。
これから習い事を始めるか否かを議論するときには、次女のことも念頭に入れておかないとややこしくなります。

そのときの感情で長女が習い事を始めると、経済的にも、教育的にも困ります。現在、長女はしまじろうをやっています。

長女の性格には合っているようで、赤ちゃんの頃から毎月送られてくるおもちゃや教材に興味を示して、毎回取り組んでいます。

赤ちゃんの頃のおもちゃや知育グッズは残るので自動的にそのまま次女にお下がりになります。しかし、年齢が大きくなるにつれて、取り組む知育アイテムは変わってきます。
シール遊びや塗り絵、はさみやのりで何かを作ったり。

これらの遊びは一度やったら、次の人は出来ません。イコールお下がりにはならないのです。
こういうことから、次女にもしまじろうをさせてあげようかと検討中です。

次女の性格は長女と違うので合わないような気がするのですが、何も始める前から親が決め付けて道をふさいでしまうのもいけないので悩んでいます。

気になるスキンケア。

最近、やっと子育てに慣れて日々の生活にもゆとりがでてきたからが、健康のこととかお肌のこととか気になってきた。で、いろいろ雑誌を見たりしていいものはやってみようと思えるようになってきたんだよね。

スキンケアは、とりあえず化粧品は揃っているのだけれど、適当にやっていたのであまり効果が実感できなかったんだよね。だから、少し時間をかけてじっくりやるようにしたんだ。で、今回もう少し効果を上げるために、ホットタオルを始めてみました!

タオルを水にぬらしてレンジでチン!最初は、とっても熱いから気をつけないといけないけれど、少し時間をおいて顔の上にギューっと置いてみる。すごく気持ちが良くってお肌の毛穴がしっかり開いてきている感じ♪

そこへ美容液を入れれば、開いた毛穴からしっかり美容液が浸透して効果があがってくるわけですよ。

そして、化粧水をいれるんだけど、冷蔵庫とかで冷やしておくと開いた毛穴がきゅっと引き締まって毛穴が目立たないキレイなお肌になるんだって。
まだ、やり始めたばかりだから効果は実感できないけれど、続けていこう!

色で目立たせるには

看板や広告物などよく目立つ色と、そうでもない色があると思います。特に標識などは見えないと事故をしたり、禁止行為をしてしまったりと何かと危険なので目立つように作られていると思います。 

目立つ色とは、赤とか黄色とかイメージしてしまいますが、実は、背景色との明度差が関係してくるそうです。背景の色と目立たせたい物の色の明度差が大きいほど目立つというわけなんですね。そして、次に彩度の差、それから色相の差が大きい物ほど目立つというわけなんだそうです。

例えば目立つイメージのある黄色が背景で、目立たせたい物が白色の場合より、背景が青で目立たせたい物が白色の方が目立つというわけです。黄色と白色は明度が近いですから明度差がそんなになく、逆に青色と白色は明度差が黄色よりありますから目立つというわけなんですね。

もし、目立たせたい物があったら、まずは明度差を大きくなるように色を決めたら目立つようになるので試してみるのもいいかもしれません。

花見の時は

春になると花見がしたくなりますよね。あたたかくなるにつれ桜が咲くニュースを見ると、そろそろ見れるかなと楽しみになります。たまに道を歩いていると桜が咲き始めているのを見かけることがありますか、桜は気分を華やかにしてくれますよね。

桜のシーズンになると花見客の人達も見かけることが増え、陽気な人達がどこからともなくあらわれます。宴会をしている人を見ると花見を楽しんでいる姿にこちらまで楽しい気分になりますよね。けっこうバーベキューセットとかも用意してあって本格的な人も多くてすごいですよね。

花見といえば出店もつきものですよね。昔からある定番の出店や今まで見たこともないような出店があったりと出店のまわりをうろうろするだけでも楽しめます。なぜか出店で食べるものはおいしく感じられるのでついつい買ってしまいますが、けっこう普段買う時より割高な値段で売られていますよね。原価はわりと安いと聞いたことありますが、雰囲気が変わるとサイフの紐もゆるくなるものなんですね。

いい季節

久々に気持ちのいい汗をかきました。まだ夏本番というには、暑さが物足りない時期です。こんな時期だからこそ、体育館でのスポーツが心地いいです。

夏の体育館は蒸し暑くてジメジメして、それはもう地獄です。しかし今の時期は夜は少し風が吹けば涼しく心地いい暑さです。体育館でも窓を開けていると、風が通るので運動していてもそれほど苦痛ではありません。

確かに、それでも暑いんだけど、動いたあとはサウナみたいだけどでもやっぱり真夏とは違います。

週末には子どもも連れて、ママ友家族と運動しています。子ども達も暑いと機嫌が悪くなったり、熱中症が気になったりとイイコトがないので、今の時期はありがたいです。

思いっきり体を動かして、汗を思いっきりかいて、とっても気分爽快でした。楽しかったー。

でもそろそろ梅雨も明けそうですよね。梅雨が明けると、この心地よい夏の夜も終わっちゃうんですよね。暑いと暑いで終わったあとのビールのおいしさが格別なんですけどね。