色で目立たせるには

看板や広告物などよく目立つ色と、そうでもない色があると思います。特に標識などは見えないと事故をしたり、禁止行為をしてしまったりと何かと危険なので目立つように作られていると思います。 

目立つ色とは、赤とか黄色とかイメージしてしまいますが、実は、背景色との明度差が関係してくるそうです。背景の色と目立たせたい物の色の明度差が大きいほど目立つというわけなんですね。そして、次に彩度の差、それから色相の差が大きい物ほど目立つというわけなんだそうです。

例えば目立つイメージのある黄色が背景で、目立たせたい物が白色の場合より、背景が青で目立たせたい物が白色の方が目立つというわけです。黄色と白色は明度が近いですから明度差がそんなになく、逆に青色と白色は明度差が黄色よりありますから目立つというわけなんですね。

もし、目立たせたい物があったら、まずは明度差を大きくなるように色を決めたら目立つようになるので試してみるのもいいかもしれません。